花粉症対策にはホットヨガ

花粉症対策にはホットヨガ

花粉が飛び取る時期が始まると、花粉症の人はつらいですね。
花粉症によいサプリを飲んだり、花粉グッズを使ってもなかなか良くならないという人がいるでしょう。

 

現代人に多い『口呼吸』が花粉症の原因のひとつと言われています。
口呼吸になってしまうと、花粉などアレルギー物質がダイレクトに体内に入ってしまいます。

 

口呼吸から鼻呼吸に変えることで、花粉やアレルギー物質が入りづらくなります。
また、鼻呼吸を行うことで、自律神経が整い、免疫力が付きやすくなっていきます。

 

しかし、花粉症の人は鼻が詰まっている状態の人が多く、鼻呼吸をするのは簡単ではありません。
それに、花粉症の症状が出ているときは、鼻や喉の炎症があり、粘膜の機能が低下しています。
そんな状態では、乾燥してしまって、余計に花粉を体内に入れてしまうことになります。

 

花粉症を改善するためには、自律神経を整えて免疫力を正常化することです。
そうすれば、交感神経と副交感神経がバランスよく働いて鼻づまりを抑え、鼻の通りが良くなります。
そして、汗をかくことで交感神経の働きが活発になります。

 

 

効果的な方法として注目を集めているのが【ホットヨガ】です。
ホットヨガでは鼻呼吸を行うことや、汗をかくことを同時にできます。

 

ホットヨガは、室温39度、湿度55%~65%の部屋の中でヨガを行います。
だから、汗をたくさんかくことができますし、ヨガによる呼吸法で、鼻呼吸が身に付きます。

 

適度な湿度の部屋では大きな微粒子が水分を含み重たくなるので飛び散りにくくなります。
鼻や喉の粘膜の保護にも有効なので乾燥を防ぎ、花粉症の症状も押さえます。

 

花粉症対策として有効なホットヨガを利用して、症状を和らげてみませんか?